横浜で二重手術の病院選びで、気を付けるポイント。

横浜で受ける二重施術の比較

眼元のメスを入れるのに抵抗が

片一重の人にとっては、二重 の目元は憧れという人も多いのではないでしょうか。 はれぼったくて重く見えがちな一重では、暗い印象にもなってしまいがちです。目元をぱっちりと大きく印象的に見せるには、 女性であればメイクの技術でカバーすることができるものの、毎朝のメイク時間がかかってしまったり、 ノーメイクの時には素肌になるために恋人にはばれてしまうということもあります。

また、化粧品の一つとしてのアイプチでもカバーすることができます。 作りたいラインにのりのような専用の液体を塗って乾かすだけで、整形施術をせずに手軽に好みの目元を作ることができますが、 アイプチに使用されている接着剤にはラテックスと呼ばれる成分が含まれていることが多いものであり、 これが皮膚アレルギーの原因にもなってしまいます。手軽である一方で、たまにであればまだしも 毎日のように使用するのではまぶたの腫れやシワにもなるためにおすすめできる方法ではありません。

これらと比較してみて安全で効果的に持続性も欲しいという場合には、美容整形クリニックの施術がおすすめです。

まぶたの肉が押されて眼球にかかってしまうほどの一重の人でも、不要な皮膚や組織を取り除くことで すっきりとした目元を作ってもらうことができます。とはいっても、整形手術に抵抗のあるという人もいるのではないでしょうか。 整形外科の施術になれば顔にメスを入れることにもなるのですぐに決断することも難しいものであり、 またダウンタイムもあるのでしばらくは腫れや痛みなどが発生するので、誰にも気づかれずに普段通り仕事や学校に通うというわけにはいきません。



眼元のメスを入れるのに抵抗が 理没法で二重にする事を知り 厳選して病院を選び信頼できる医師に

よこはまのおすすめクリニック①
よこはまのおすすめクリニック②

横浜エリアで二重整形の施術を受けて毎日が楽しくなりました

両親共に一重瞼ですから、当然その子どもである私も一重瞼でした。
幼稚園に通っていた幼い頃は、自分の瞼が他の子よりも厚ぼったくて二重でもないなんて思ったこともありませんでした。
写真に写る姿が友達と自分とでなんだか違うとは薄々感じていましたが、それでも自分を「可愛くない」なんて思ったことは一度もありませんでしたし、
「可愛くなりたい」と強く思うこともありませんでした。

それはいつの頃だったのか正確には覚えていませんが、小学校高学年くらいだった私に、同じ学校の見知らぬ男子生徒が突然「ブス」という言葉を投げつけてきました。
友達と一緒に登校中だった私に対して投げつけられた言葉だと理解するのに数秒かかりましたが、きょとんとしている私に向かって再度「ブス」と言われたら嫌でも分かります。
どうして自分がそんなことを言われなければいけないのだという気持ちを背負いながら、その日は友達に励まされつつクラスまで足を運びました。
心の中で怒りやら悔しさやら恥ずかしさやら、色々な感情が渦巻いていました。

男子生徒から心無い「ブス」という言葉を投げつけられたその日から、私による私自身への見た目の評価は変わりました。
自分は「ブス」で、魅力のない女なんだ。
他の女の子たちよりも劣っているんだ。
こんな風に評価するようになってしまったのです。

そうなると鏡を見るのも嫌でしたし、写真にも写りたくなくなっていきました。
性格もどんどんと消極的になっていきましたし、可愛い女の子には近づかないようになっていきました。
高校生になるまでずっと暗い闇の立ち込めた生活を送りましたが、高校入学後にメイクをするようになり、暗い生活にわずかながら光が差しました。
コンプレックスである厚ぼったい一重瞼をアイプチという方法で強制的に二重にし、その他のアイメイクもがっつり施して、毎日学校に通っていました。
メイクをした時の自分の姿だけ認められるようになり、自分にも自信を取り戻しつつありました。

けれど、初めての彼氏にノーメイクの姿を見せた時のその反応によって、その自信は脆くもくずれさってしまいました。
私のすっぴんを見た当時の彼氏は私の顔を指さしながら、「それは詐欺だ」と言って笑いました。
その数日後に別れたいと言われ、初めての彼氏は私の目の前からあっけなく去っていってしまったのです。
屈辱でした。

とても辛かった私は、数日間学校を休みました。
その間、部屋に閉じこもってインターネットをしていた時に、偶然二重瞼にする整形について書かれた記事と出会ったのです。
そこには「二重にした事で人生がガラリと変わった」・「自分に自信が持てるようになった」・「全然痛くなかった」などという事が書かれていました。

その記事を読んで、私はやるしかないと強く心に決めたのです。
それからはとにかく毎日両親に整形についてアピールしまくりました。
二重になったら毎日楽しく学校に通える、メイクにも時間がかからなくなる、もっと人生を明るいものにしたい。
学生だった私はお金もあまり無かったので、次の自分の誕生日のプレゼントとして整形したいことを両親にうったえ続けました。
私が自分の顔の事でずっと悩んできていた事を知っていた両親は、はじめの内こそ整形に反対でしたが、
誕生日の数週間前になると「それであなたが楽しく生きられるなら」と了承してくれました。

それからは施術を受けるためのクリニックを自分の住んでいる横浜エリア内で探したり、
通うべきクリニックが見つかると実際にどのような施術が施されるのかについて聞いたり、
どんな風になりたいかを先生と話し合ったりして、すぐに時間が過ぎていきました。
手術は不安でしたが、時間も短く痛みも無かったので、はじまってしまえばあっという間でした。
二重になってからは毎日が楽しく、とても充実した日々を過ごせています。
高校生の時に整形をして本当に良かったと感じています。